旅行 -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

7日(金)はフェザーデールにある動物園に行きました。

フェザーデールワイルドパーク動物園

ここには前回も来たので、もう少し遠いところにある別の動物園に行こうと思いましたが、ハチが来たばかりなので、なるべくお留守番の時間が短くて済むように、一番近いこの動物園に行くことにしました。

この動物園は、ほとんどオーストラリアならではの動物ばかりが、飼育されています。

鳥の種類も多く、見た事のない珍しい鳥もたくさんいました。

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

オーストラリアと言えば「コアラ!」

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

コアラももちろん可愛いかったけど、私の一番のお気に入りは、なんと言っても「ウォンバット」

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

このずんぐりむっくりの身体と、まんまるのお尻!

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

のっそりとした動きに、あどけないお顔が、もう可愛くて可愛くて、癒されまくりました。

フェザーデールワイルドパーク動物園

袋に赤ちゃんを入れてるワラビーも、たくさんいました。

フェザーデールワイルドパーク動物園

オーストラリアには、本当にたくさんの有袋類がいます。

フェザーデールワイルドパーク動物園

タスマニアンデビルやエチズナ(ハリモグラ)にも、袋があります。

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

でも同じ有袋類でも、エチズナは哺乳類ではないので、卵で産んで育てるらしいです。

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

普通の動物園は、一通り見て回るのに、1日がかりになるけど、ここはちょこっと見るのに、ちょうど良い広さです。

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

フェザーデールワイルドパーク動物園

3時間ほどのお留守番だったけど、ハチはとっても良い子で、お留守番が出来ました。

ハチ

来たばかりの頃は、あまりにもパワフルで、どうなる事か心配したけど、ハチもだいぶ慣れてきたみたいで、ずいぶん落ち着いて来ました。

ハチ

ハチ

ハチ

トイレトレーニングも少しずつ出来てきて、家庭犬としての訓練も、一週間でだいぶ進んできました。



昨日は午後、ブレットの両親の家に行きました。

両親の家

前回お邪魔した時も、広くてビックリしたけど、やっぱり広〜い!

両親の家

両親の家

庭はまるで森のようだし、家はモデルルームのようです。

両親の家

両親の家

家にいながら、バードウオッチングが出来ちゃうし、夢ハウスって感じで、我が家とは雲泥の差!

両親の家

本当にステキなお家です。

両親の家

両親の家

両親の家

ブレットのママはお菓子作りが得意なので、今回も手作りのケーキでもてなしてくれました。

両親の家

これが絶品!

ママのお菓子作りは、パティシエ並みです。

パパもママもとても気さくで、気の置けない方なので、言葉の壁を越えて、楽しいひとときを過ごしました。

明るくて優しいママと、ちょっぴりお茶目でひょうきん者のパパ

嬉しい再会になりました。




3月31日(金)

娘がブルーマウンテンに、連れて行ってくれました。

ブルーマウンテン

前回来た時は、山火事で立ち入り禁止だった絶景ポイントも、今回は入る事が出来ました。

ブルーマウンテン

「すっごーーーい」の一言!

ブルーマウンテン

高所恐怖症の私は、足がすくんでしまいました。

ブルーマウンテン

でもまさに"絶景"

ブルーマウンテン

素晴らしい景色でした。

ブルーマウンテン

ここはガイドブックにも載っていない場所で、道もきちんと整備されていないので、残念ながらmugudaiパパは絶景ポイントまでは、行く事が出来ませんでした。

ブルーマウンテン

ブルーマウンテンの絶景を堪能した後は、ルーラでお土産を買いました。

ルーラー

ルーラー

私はmugudaiパパに、木彫りのウォンバットを買ってもらいました。

お土産
(大きいのは娘のウォンバット)

メッチャ可愛い〜!V(^_^)V

お土産

mugudaiパパの戦利品はこれ!

それからカトゥンバでランチ

カトゥンバ

カトゥンバ

このお店は、百年前から営業しているそうです。

カトゥンバ

カトゥンバ

カトゥンバ

カトゥンバ

カトゥンバ

カトゥンバ

ランチの後はスリーシスターズを見に、再びブルーマウンテンに戻りました。

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン

ブルーマウンテン

この景色を見ただけでも、オーストラリアは大きいなあと実感します。

ブルーマウンテン
バンクシャの実

大きいと言えば!

オーストラリアで見つけた大きい物!

イカ
イカ

ズッキーニ
ズッキーニ

カランコエ
カランコエ

そしてノボタン!

ノボタン

こんな大きなノボタンは、初めて見ました。

ノボタン

町にはもっと大木になっているのもありました。

とにかくオーストラリアは、大きい物だらけでビックリです。

この日もお天気が良くて、最高のお出掛け日和でした。




3月25日(土)

娘が午前中仕事だったので、私は近所を散歩したり、日本のニュースを見たりして過ごし、午後はみんなで近くのパラマタ公園に行きました。

パラマタ公園

パラマタ公園

パラマタ公園

パラマタ公園は一周3キロ以上ある広い公園で、野鳥の宝庫です。

パラマタ公園

パラマタ公園

パラマタ公園

いろいろな鳥がここに集まって来て、餌を捕まえたり羽を休めたりしています。

パラマタ公園

パラマタ公園

大きな木にたくさんの白い鳥が止まって、花が咲いたようになっているのを見て、思わず「わあー!すご〜い!」と、叫んでしまいました。

パラマタ公園

パラマタ公園

鳥好きのmugudaiパパは、とっても喜んでいました。

パラマタ公園

パラマタ公園

広い芝生の広場では、クリケットを楽しんでいました。

鳥達は餌をくれる人がいるので、かなり人に近寄ってきます。

パラマタ公園

パラマタ公園

この鳥はなんだか顔が鳥っぽくなくて、芋兄ちゃんみたいで、可愛くて笑っちゃいました。

パラマタ公園

こっちでは嫌われ者の、こんな鳥もたくさんいました。

パラマタ公園

一番人気はこの鳥!

パラマタ公園

とっても可愛いかったです。

夜はバーベキューで、もてなしてくれました。

3月26日(日)

快晴です。

この日はパラマタからオペラハウスのあるシティまで、船で移動する事になりました。

ミニクルーズ

約1時間程の、ミニクルーズです。

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

最初は濁って汚かった水が、シティに近づくにつれ、どんどんきれいになって、景色も良くなり、クルーズを満喫しました。

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

シティをブラブラし、途中テラスでランチ!

ミニクルーズ

ミニクルーズ

シティは大型のクルーズ船が停泊していたので、人がたくさん降りたのか、人で溢れていました。

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

更にシティをブラブラし、帰りも船でパラマタまで帰ってきました。

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

ミニクルーズ

この船は普段から運航されている船で、クルーズ船ではありませんが、それでも十分楽しめました。

地元に住んでいる人ならではの、ナイスセレクトでした。

この日は日差しが強く、まるで夏のようでしたが、通り抜ける風が心地良く、とても気持ちが良かったです。

オペラハウスもハーバーブリッジも、前回来た時とは、ちょっと違って見えました。




羽田を22日(水)午後10時頃出発し、23日(木)の朝シドニーに到着!

飛行機は座席もトイレに近く、足が伸び伸び伸ばせる席で、ANAの対応はとても良かったです。

シドニーにはブレットが車で迎えに来てくれたけど、荷物が多いので全員は乗れないと思うから、娘だけ電車で帰らなければと思っていたら、ブレットの荷物積載技が凄くて、スーツケース大2、小1、機内持ち込みサイズのバッグ3、リュック大小各1、更に車椅子と言う大荷物を詰め込み、大人4人が乗ることが出来ました。

荷物積載コンテストがあったら、ブレットは優勝間違いなし!

シドニー

ブレットは仕事の途中で抜け出して来たので、家に荷物と私達を送り届け、又会社に戻りました。

…と、ここまでは順調だったのですがっ!

娘が私達のスーツケースを開けようとしたら、設定してある番号で何度やっても、鍵が開かない!

えええええっーーーー⁉️

私もやってみたけど、やっぱり開かない!

どうにもこうにもならないので、娘が近くのホームセンターにスーツケースを持って行って、こんな風に切ってもらいました。

キー

キー

これでなんとか今回家に帰るまでは、使えると思うけど、買ったばかりだから、保険で返金してもらえるかもしれないと言う事なので、そしたら新しいのに買い替えようと思っています。

来た早々、アクシデント没発で、すっかり疲れ切ってしまいました。

シドニー

シドニー

さてさて今回の旅は、まだまだ続きます。

シドニー

シドニー

一体どんな旅になる事でしょう。

シドニー

楽しみでも有り、ちょっと不安でもある、シドニー1日目でした。

それから、羽田空港で気付いた、私の超おマヌケな話!

この日の朝、左手の人さし指を切り、血が結構出たので、バンドエイドを巻いて止血!

血が止まったようなので、もう一度バンドエイドを巻き替えました。

しばらくして、もう一度替えておこうと、左手の人さし指からバンドエイドを剥がし、新しいバンドエイドを用意して、さあ巻こうと思ったら、傷が見当たりません。

人さし指をぐるっと一周見たけど、傷がどこなのか、全然わからない。

「あれ?おかしいなあ…」

と思ったけど、確かこの辺だったなと、とりあえずバンドエイドを巻きました。

そのまま何も気付かず、羽田に到着してから、搭乗ロビーでトイレに行って、戻って来ると、左手に巻いていたはずのバンドエイドがありません。

「あれ?今手を洗った時、取れちゃったのかな?」

と思って、又新しいバンドエイドを巻こうしたら!Σ(゚д゚lll)

な、な、な、なんと!((((;゚Д゚)))))))

右手の人さし指に、バンドエイドが巻いてありました!(≧∇≦)

どうりで傷が見当たらなかったはずです。

左手の人さし指には、しっかりと血の固まった傷がありました。

もう我ながら自分の間抜けさが可笑しくて、笑ってしまいました。σ(^_^;)

mugudaiパパと娘にその話をすると、やっぱり二人とも大爆笑でした。



chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全タイトルを表示