アジアンクルーズ partⅠ -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

「せっかく10年のパスポートを取ったのだし、もう一度ぐらいお義母さんを、海外旅行に連れて行ってあげようよ」と、mugudaiパパが今回セレクトしてくれたのは“アジアンクルーズ”

香港まで飛行機で行って、香港からスーパースターアクエリアスに乗船

中国海南島とベトナムのハロン湾に寄港し、再び香港へ戻って来るクルージングの旅です。

昨年はイギリスまで約12時間のフライトを体験した母ですが、来月には86歳と言う高齢なので、なるべくフライト時間が短く、徒歩観光も少なくて済む様にと言う事で、私達も初めての船旅です。

香港までのフライト時間は約5時間(帰りは約3時間半)

その後はほとんど船上で、のんびり寛げる船旅は、高齢の母には最適ではとmugudaiパパが計画してくれました。



11月15日(土)

出発時刻が朝9時15分だったので、4時起き!

眠いよぉ~

2わんには前日から“お留守番”と言い聞かせてあったので、早朝から慌ただしく出かける支度をしていても、だいは完全に諦めモードで、自分の籠に入っていました。

でもりゅんは置いて行かれては困るとばかりに、ピョンピョン飛びついて”連れてってぇ~”とアピール!

「あとでお姉ちゃんが来るから、だいちゃんとりゅんちゃんは待っててね」と言い聞かせると、りゅんはお耳を後ろに倒して上目使いで困ったような顔をしていました。

いつもの様に“早く行こう”と騒がしいと“うるさぁ~~い”と思うけど、あんまり聞き分けが良すぎても、なんだか置いて行くのが切なくなってしまいます。

5時頃、我が家を出発

成田、遠すぎるよぉ~

横田(基地)が国際空港だったら、5分で行かれるんだけどなぁ( ̄m ̄*)ぷぷ

首都高がちょっとだけ渋滞していたけれど、後はすんなり成田に到着!

定刻通り、機上の人となりました。

現地時間13時30分頃(日本時間14時30分)香港に到着

今回はmugudaiパパも私も、初めてのクルージングの旅だったので、いつものように個人旅行ではなくツアーに参加!

ところがツアー参加者の一組が、飛行機を降りてからなかなか合流できず、1時間近く空港で待たされ、この時点ですでにうんざり

予定より相当遅れて、バスでビクトリア・ピークに向かいました。

2008.11.15-1

ビクトリア・ピークは、海抜396m

有名な“百万ドルの夜景”が、眺められるスポットです。

夜ではなかったので、夜景は眺められませんでしたが、連立する高層ビル群の眺めは圧巻でした。

最初、ビクトリア・ピークはこの日の予定には入っていなかった上に、空港を出発したのがかなり遅れたので、ホテルへ着いたのは5時15分過ぎ

この日の夕食は付いていなかったので、食事付きのオプショナルツアーも用意されていましたが”ツアー嫌い“の私達は、自分達で食事に出かける事にしました。

mugudaiパパのお友達が、5年ほど香港に滞在していたので、お勧めのお店をセレクトしてくれていて、そのうちの一軒、西貢(サイクン)と言う街にあるシーフード料理のお店に行ってみる事にしました。

地下鉄に乗ろうと思って、mugudaiパパがチケットの券売機のところでうろうろしていて、私と母はちょっと離れたところで待っていたのですが、なかなかmugudaiパパが戻って来なくて、不安げな顔でmugudaiパパの方を見ていたら、側にいた中国人の女性が、私達とmugudaiパパの様子を見ていて、中国語で「どうしましたか?」(と、言ったと思う)と、声をかけてくれました。

中国語は(も)全く分からない私は、券売機の方を指差しながら「チケット、チケット」と、オウムのように繰り返したら、その女性がmugudaiパパのところに駆け寄り、何やら二人で英語で話していました。

香港は少し前までイギリス領だったので、ほとんどの人が英語を話す事ができるそうです。

その女性のおかげで、どうやら問題解決!

無事にオクトパスカード(スイカのようなもの)を、購入する事ができました。

以前娘と二人で中国に行った時は、中国の印象がすごく悪かったけど、地下鉄では母が座席の前に立つと、若い男性がさっと席を譲ってくれたり、今回は中国に対する好感度がぐ~~んとUP!

2008.11.15-2

彩虹と言う駅で地下鉄からバスに乗り継ぎ、ようやく西貢に到着した頃には、もうお腹がペコペコでした。

バスを降りて目的のお店を目指して歩いていたら、海鮮街の最初のお店で、若い女の子の執拗な勧誘に負けて(mugudaiパパが)そこで食事をする事になってしまいました。

2008.11.15-3

この辺のお店はみんな、生きているエビやカニ、貝、魚などを自分で選んで、自分の好みの調理法で(お任せも有り)料理をしてくれます。

2008.11.15-42008.11.15-52008.11.15-6
2008.11.15-72008.11.15-82008.11.15-9
2008.11.15-10

海鮮尽くしのお料理、最高においしかったです!

三人共もうこれ以上食べられないと言うぐらい食べて、海鮮街をブラブラしながらバス停に戻り、16人乗りのミニバスに乗って、地下鉄の駅まで戻る事にしました。

2008.11.15-11

このミニバスの運転手さんが、元暴走族かと思うほどの乱暴運転で、しかもメチャメチャスピード出しまくり!

母も私も座席から転げ落ちそうになり、シートベルトを着用!

でもその運転ぶりが、あまりにもバスとは思えなくて、かえっておかしくて「この運転手さん、絶対元暴走族だよぉ~、高速道路でもないのにバスで70キロ以上なんて有り得なぁ~い」と、三人とも笑い転げてしまいました。

警笛をブーブー鳴らしながら、周りの車を蹴散らし、猛スピードで走ったため、あっと言う間に彩虹に到着

彩虹から地下鉄に乗ると、又母はさっと席を譲られました。

そして発見!

2008.11.15-12
座席の上にこんな文字が書いてありました。

これ香港のシルバーシートだと思うのですが、漢字なので字を見るとなんとなくわかりますよね。

お食事はおいしかったし、地下鉄にもにも乗れたし、暴走族上がりのバスの運転もとっても面白くて、やっぱり自由行動は最高でした!



11月16日(日)

朝食を済ませ、まだ集合時間には1時間ほどあったので、ホテル近辺を探検する事にしました。

2008.11.16-1
私達が泊まったホテルはここ!

そしてこの高層ビル群と、道路を隔ててこんなマーケットやいろんなお店が軒を連ねています。

2008.11.16-2

香港のお店は開店時間が早く、まだ8時頃だと言うのに大変な賑わいでした。

「へぇ~、面白いねぇ」とか、三人でキョロキョロしながら近場をぐるっと一周し、探検終了!

ホテルに戻り、バスでオーシャンターミナルまで30分ほどで到着しましたが、乗船手続き等で時間がかかり、実際に乗船できたのは11時30分頃でした。

2008.11.16-3

今回私達が乗船したスーパースターアクエリアスは、キャビン数765室、乗客定員1529人と言う大型客船

2008.11.16-4

船内にはレストランやバーはもちろん、売店、プール、スパ、サウナ、ジム、美容室、カラオケラウンジ、カジノ等が完備しているし、毎日いろいろな場所で、ショーなどのアトラクションが行われていて、随所に乗客を飽きさせない工夫がされています。

2008.11.16-5

食事は常に4か所ほどのレストランで、無料で食べる事ができます。(その他に、有料のレストランもあります)

2008.11.16-6

船室もいろいろなタイプがあって、私達は海側に窓のある部屋をセレクト

基本的に全部二人部屋なので、三人の場合はソファーがベッドになるようになっていて、夜係員がベッドメーキングに来てくれます。

2008.11.16-7

全長229m、全幅28.5mと言う船なので、船内もとっても広くて、どこに行くのも迷子になりそうでした。

2008.11.16-8

お天気が良かったので、夕日がとてもきれいでした。

夜はバンドの演奏や歌を聞きながら、テラスで楽しみました。

食事を終えてから、この日のエンターテーメントハイライトショーを観賞

すぐに船酔いしてしまう私は、酔い止めの薬を持参しましたが、そんなに大きな揺れもなく、この日は薬のお世話にならなくてすみました。



11月17日(月)

窓付きの船室だったので、船室からご来光が拝めるかと思ったけれど、残念ながら雲がかかって見えませんでした。

でも晴れていて、真夏のように暑いです。

2008.11.17-12008.11.17-2

海南島到着は午後2時頃の予定だったので、朝食を済ませた後、たっぷり時間があったから、ビンゴゲームにチャレンジ!

母は全く当たらなかったけど、私とmugudaiパパは、それぞれ見事ビンゴ!

賞金を頂ける事になりました。

日本のビンゴとはちょっとルールが違ったけど、とても面白くて大盛り上がりでした。

2008.11.17-3

その後お昼を食べたり、デッキに出てのんびりしていると、ようやく島影がはっきり見えてきて、海南島に到着しましたが、船が接岸してから下船までには、又さらに時間がかかり、結局下船できたのは3時近くになってしまいました。

日本人の乗客は、ほとんどがオプショナルツアーに参加するようでしたが、ここでも又私達は個人行動!

15分ほど歩かないと、バスにもタクシーにも乗れないと言うので、私とmugudaiパパの二人だけなら歩いてしまうところ、母と一緒だったので、下船した場所から三亞の中心部まで行くと言うチャーターバスに乗る事にしました。

でもこれが大失敗!

2008.11.17-4

途中ビューポイントに寄ってくれたのは良かったのですが、その後ヤシの加工工場のようなところに連れて行かれ、見学&買い物の時間があって、全員がバスに戻るまでに2時間近くかかってしまったため、目的の場所に行く時間が全然なくなってしまい、バスのターミナルの側をブラブラしただけで、再びバスに戻らなければならなくなってしまいました。

2008.11.17-5

バスの停まった道路を一歩入ると、ゴミは散乱しているし、バラックのような家が軒を並べ、まるで別世界です。

汚ぁ~~~い!!(あまりにも汚くて、写真はありません)

中国の貧富の差の大きさに、愕然とさせられました。

三亞は交通ルールと言う物がほとんどないに等しく、歩行者も車もバイクも、道路の往来がでたらめです。

歩行者は信号無視、信号のない場所でも車がビュンビュン走っているのに平気で横断して行くし、歩道を車が走ったり、ブーブー警笛を鳴らしながら、バイクも歩道を猛スピードで走り抜けて行くので、歩道さえも安心して歩けません。

しかもバイクの二人乗り、三人乗りは当たり前!

四人乗りしている人さえいました。

船には700名以上が乗船していたのですが、その中でもやはり中国人の乗客が一番多かった事もありますが、どこにいても中国人は老若男女を問わず、声は大きいしおしゃべりだし、かなり自己中で、係員が説明している間も、あっちでもこっちでも大声でしゃべっているので、それはそれはうるさくて大変でした。

夕食は、船のレストランでいただきました。

2008.11.17-62008.11.17-72008.11.17-8
2008.11.17-92008.11.17-102008.11.17-11






partⅡに続く












スポンサーサイト

【No title】
とても素敵な船ですね。
パパさんが英語出来ると心強いですね。
私なんか高校の時、ずっと赤点でしたから…

お料理もとっても美味しそうv-352
船内の無料のレストランて、メニューも豊富なんですか?

私は香港行った事ないので、是非一度行ってみたいです。
【No title】
おかえりなさい、chieppiさん!
成田ってホント遠いですよね~主人がいつもぼやいてます。。。午前中の便に乗るためにほとんど始発ででかけたことも・・・
我が家の近くにヘリポートがあって、そこから成田へヘリで行くことができるんですよ。。。あっという間に着くそうですがどれだけ費用がかかるのか・・・うちはご縁がなさそうです~
船の旅はさすがに豪華ですね、お料理も美味しそう!
海南島って、“東洋のハワイ”って呼ばれてるトコですよね~
【No title】
お帰りなさ~~い
今回は お船の旅だったんですねっ
お母様 本当に お元気ですよねぇー
足とかは 痛くないんですかっ?
ご旅行に行けるだけの体力が あるのも 素晴らしい♪
ほんと 香港も中国も 車のルールないのっ?
って感じで 高速の合流とかも えーこれ 大丈夫なのぉ?
って 思っちゃうよねぇー(≧З≦)
怖い 怖い!
れーすが居ない頃は 買い物をしに 行ったなぁー(笑)
船 そんなに揺れませんでしたかっ?良かったですねぇー
私も 船に弱いから 船旅は優雅だけど 諦めてるんですよー(≧З≦)
1つの町が 海を走行してるって感じで 良いですねぇー
続きも 楽しみにしてますねぇー♪

【めいぽんパパさんへ】
私も赤点まではいかなかったけど、英語は全くダメです。
でもとりあえずmugudaiパパが、少しだけ話せるので、海外旅行には便利です。

無料のレストランでも、メニューはとってもたくさんあって、毎日少しだけ変わります。
でもやっぱり同じような感じのお料理が多いし、ほとんどがバイキングなので、自分の好きなものばっかり食べるから、だんだん飽きてきます。

香港もここ数年で、ずいぶん変わったみたいで、地下鉄もまだ新しくてとってもきれいでした。
地震がないと言う事で、高層ビルだらけでした。
【jackun_mamaさんへ】
ただいまぁ~v-222
成田、遠すぎますよね。
朝早かったので、高速もそんなに混んでいなかったから、わりと早く着いたけど、これで渋滞でもしていたら、飛行機に乗ってる時間より、家から成田に行く方が時間かかっちゃいそうですよね。

私も船旅は初めてだったので、ちょっと面白かったです。
お食事もおいしかったし、船の中に何でも揃っているので、そこだけで生活できちゃいそうでした。

海南島、東洋のハワイって言われているところですが、道路をちょっと入ると、ものすご~~~く汚くて、とてもハワイって感じではありません。
海はとってもきれいでした。
【フリルさんへ】
ただいまぁ~!
母が高齢なので、なるべく歩かなくて済むようにって事で、今回は船旅になりました。

私達も初めての船旅と言う事で、ツアーで行ったのですが、オプショナルツアーにも全く参加しなかったので、地下鉄に乗ったりバスに乗ったりと、結構あちこち歩き回ったけど、母は最後まで元気に歩き通しました。
とてももうすぐ86歳になるなんて思えないくらいで、娘の私も脱帽です。

ねぇ~
中国も香港も、交通ルール、全く守られてなくてびっくりですよね。
信号のない横断歩道を渡る時なんて、ホント怖かったです。

あれだけ大きな船だと、かなり波が高い感じでも、そんなに大きな揺れはありませんでした。
私も“船旅”って聞いた時、絶対酔うから嫌だなあって思ったけど、意外と大丈夫でした。

この記事へコメントする















chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全タイトルを表示