思い出ボロボロ -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

お母さんの大好きな大好きなむぐちゃんへ

2歳児のまんまの16年間を、お母さんの子供として暮らしてきたむぐちゃん。

在りし日のむぐ
2006年4月16日撮影

むぐちゃんはお母さんの子供で幸せだった?

お母さんと生きてきて、幸せだった?

お母さんはむぐちゃんに、いっぱいいっぱい幸せをもらったよ。

いっぱいいっぱい笑顔や優しさをもらったよ。

むぐちゃんはみんなに「感じ悪ぅ~い!」って言われるほどのお母さん子で、16年間ずーっとお母さんのストーカーしてたよね。

お母さんに抱かれて
2006年4月16日撮影

キッチンでお仕事してれば、コンロや流しの前を陣取って、時々お母さんつまづきそうになっちゃって「むぐちゃん、邪魔!」なんて大きな声で叱ったり・・・

でもそんな時むぐちゃんは「えっ~、ぼく聞こえなぁ~い、知らなぁ~い」って、悠然とそこを動かなかったよね。

mugudaiパパが無理やり抱っこして移動させようとすると「うがぁ~」なんて言って怒ってたよね。

トイレにだってついてきたし、お風呂に入っていればお風呂場の入り口でずっと待っていて、寒い時期にはみんながむぐちゃんの事を気遣って「むぐちゃぁ~ん、お母さんまだお風呂から出てこないよぉ~、寒いからこっちにおいでぇ~」なんて声を掛けても「ううん、いいんです、ぼくここでお母さん待ってるから」と、お母さんがお風呂から出てくるのをずっと待っていたよね。

お風呂マット

お母さん、お風呂から出ると、むぐちゃんが二枚あるマットの一枚に寝ちゃってるので「むぐちゃん、ちょっとどいてくれる」って言ったけど、むぐちゃんはそのままそこを動かなくて、お母さん、いつもやりにくい思いしながら、手前の一枚だけのマットの上で身体を拭いたり、パジャマを着たりして、むぐちゃんの事踏まないようにまたいで、洗面台で髪をとかしたりしてたんだよね。

いつも、いつだって振り返ればそこにむぐちゃんがいた。

16歳になっても、きら~んとしたあどけない可愛いおめめで、お母さんを見上げているむぐちゃんがいた。

でも今はどこを見ても、どこを探してもむぐちゃんの姿は見えない。

抱きしめる事も、撫でてあげる事も、もう出来ない。

むぐちゃぁ~ん、
何で死んじゃったのぉ~
ずーっとずーっとお母さんの子供でいれば良かったのにぃ~

お母さん、寂しいよぉ~、つらいよぉ~、悲しいよぉ~

どんなに泣いたって、どんなに悔やんだって、もうむぐちゃんは戻って来ないけれど、お母さんの胸に残るむぐちゃんの温もりも思い出も、永遠に消える事はないのだから、むぐちゃぁ~ん、お母さん頑張るからねぇ~。

ずーっとずーっとお母さんたちの事、見守っていてね。

今は離れ離れになっちゃたけど、きっといつかお母さんもむぐちゃんに会いに行くからね。

だからそれまで虹の橋の袂で、お母さんの事待っててね。

ずーっとずーっと、これからもずーっとむぐちゃんの事、大好きだよ。

むぐちゃんの事を世界で一番愛しているお母さんより

虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、死ぬと『虹の橋』へ行くのです。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、元のからだを取り戻すのです。

まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。


ネットのお友達が届けてくれた『虹の橋』のお話です。

私もいつかむぐと会える事を信じています。

きっときっと会える事を・・・

スポンサーサイト

【(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン】
みんな 向こうに行けば会えますよねぇ
私は 5頭向こうで待っています(*^m^*)
それを楽しみにしております

むぐちゃん お母さん大好きなんだねぇ
寒くても 待ってるんだねぇ
可愛いですねっ
そんな むぐちゃんが居ないのが 寂しいですね・・・(/ヘ ̄、)
今は思いっきり 泣いて下さい
【】
むぐちゃん いいお顔してますねぇ
大好きなママさんに抱っこしてもらって
とっても満足してるのね♪
むぐちゃんレオと同じで甘えん坊さんみたいねぇ(笑)

「虹の橋」 
言葉に出来ないくらい胸を締め付けられました!
以前飼っていた可愛い愛犬を思い出し
涙しました
いつかはあのコに会える それまでは
今を大切に 今いるレオ・ミルをそして
だいちゃんを。。。
chieppiさん そうでしょう?
それまで待っててもらいましょうね


【フリルさんへ】
フリルさんは、5頭も悲しい経験をしているのですね。
でもその時々に乗り越えてこられたんだから、私も必ず乗り越えられるって思っています。

むぐはみんなから「何でそんなにお母さんが好きなの」って言われるほど、完全にマザコンでした!(*^m^*)
いつも私にくっついていたので、私もなおさらいないのが悲しくて・・・

でもだいがいるから、頑張って元気出さなくちゃって思っています。

【レオ&ミルmamaさんへ】
私もこの写真のむぐ、大好きです!
でもこれ見ると、もう一度抱きしめたくなっちゃって・・・・
むぐはレオ君と同じ、甘えん坊な”おじいちゃん”でした!(*≧m≦*)

虹の橋のお話、
いつかきっとみんな会えるんだよね。
本当にそれまでは”今を大切に”
今いる子たちを大切に、そして幸せにしてあげなくちゃね。
むぐは絶対待っていてくれると思うから・・・
【】
むぐちゃん ホントにお母さんコだったのね~
パリスも全く一緒!
キッチンは大好き♪油断してるとトイレにもついてくるし
お風呂からでるまで ず~っと待ってるの
いつでもそばにいたのに 急にいなくなっちゃうなんて
なかなか慣れないですよね

なんだか 「なに騒いでるの~ ぼくちょっと寝てただけだよ~」
なんてトコトコやってきそうです・・・
【】
そうですよ、必ず会えるんですよ。
そして一緒に橋を渡って行くんですよ。

うめちゃん(→ママさん)、こなつ(→私)もかなりのストーカー犬だと思ってたけど、
むぐちゃんには負けるわぁ~
むぐちゃんは本当お母さん子だったのね♪
【】
はじめて虹の橋の話を読んだとき、いつかくる日を想像して、涙がでたと同時に、そうか、また逢えるんだと、少しだけ心が軽くなったことを覚えています。

その只中にいらっしゃるchieppiさんが、少しでも癒されていくといいなぁ。
それぞれの縁でおうちにきた子だから、また逢えるんですね。
虹の橋の袂で、駆けているむぐちゃんをイメージして下さい。

【どうかやすらかに】
chieppiさん、はじめまして。
yukaさんのところからとんできて、時々のぞかせていただいてました。
クラママ&クララ(もうすぐ4さい)と申します。
初コメントがこんなにかなしくて、今日までコメントする勇気がでませんでした。ども、少しずつ・・・むぐちゃんのために元気になっていこうとされているchieppiさんに勇気つけられました。
どうぞ、お疲れがでませんように。ママ大好きのむぐちゃんと虹の橋で再会するまで、どうか元気でお過ごしください。姿は見えなくても、今までよりもっと身近にむぐちゃんいますよ。chieppiさんのいちばん近いところに。
また、遊びにこさせてくださいね。
【こぐさんへ】
パリスちゃんもやっぱりこぐさんの”ストーカー”なんですね。
ストーカーされてると、いつでもどこでも何をしていても傍にいるから、いなくなった時には、寂しさも大きいですよね。
私もまだむぐのいなくなった事が信じられなくて、ついついいるかなって見てしまって、いないって分かると又なおさら悲しくなってしまいます。

でもいつかきっと又会えるって信じているので、今を大切に生きなくちゃって思っています。
【hiromilyさんへ】
hiromilyさんが届けてくれた『虹の橋』のお話、娘がすっかり感動してしまい、絶対blogに載せて欲しいと言われました。
私も『虹の橋』のお話は知っていたけど、改めて読んで「又会える」って確信しました。

むぐのママストーカー振りは半端じゃなくて、それは16年間ずっと変わりませんでした。
だからよけいに寂しいし、辛いですね。

でもいつか会えるって思って、今を大切に生きなくてはね。
【みすずさんへ】
そうですよね。
いつか又会えるんですよね。
私もそう信じています。

今はとっても悲しいし辛いけど、むぐが向こうで元気に走り回っていて、待っていてくれるんだと思うと、なんだか元気になれそうな気がします。
【クラママさんへ】
クラママさん、初めまして。
いらしてくださって、ありがとうございます。

今はまだ何をしていても、何を見ても、むぐの思い出ばかりで、すぐに涙が溢れてしまいますが、でもきっと又会えると信じ、今を大切に生きて行こうと思っています。

温かいお言葉をいただき、どんなに励まされた事でしょう。
いらしてくださって、本当にありがとうございました。
【】
Chieppiさん
むぐちゃんとのほのぼのエピソード拝見して相思相愛の幸せな関係が手に取るようにわかりました。お互いに充実した16年間、出会いに感謝ですね。

なかなかお会いできないので、勝手ながらこちらで息子談義させて頂くことお許し下さいませ。こうすけとは8年間独身時代に苦楽を伴にし、結婚後の8年間もお母ちゃん命のザコン息子でしたのでChieppiさんのむぐちゃんへのいとおしさが重なります。私も彼とのエピソードは語り尽くせませんが、晩年(16歳)闘病中に夜中抱っこしながら涙ながら「幸せだった?」と聞くと、偶然か?むにゃむにゃ口が動き応えてくれ以心伝心かしらと自己満足でした。

虹の橋のお話はこうすけの時にお友達が教えてくれ、とても気持ちが楽になりいつかあの世で会えるえるのかと思うと楽しみができた気がします。PCが不安定でメルできずこちらでいつも長々とすみません・・

お母ちゃん命度は
【】
PS
お母ちゃん命度は・・と途中で消えペコリです。続きは、今は5頭の愛犬たちに引き継がれ毎日競ってます。それにしても、むぐちゃんの抱っこされてるお顔の表情は素敵です。信頼関係がなせる表情かと思います。
【suzurinさんへ】
私もむぐと出会えてとっても幸せでしたし、むぐで良かったと思っています。
あまりにもお母さん子だったので、喪失感も大きいけれど、本当に充実した16年間でした。

こうすけ君は独身の頃から一緒だったのですね。
むぐと同じでマザコン君だったのですね。
suzurinさんに抱かれて、幸せだったと頷いたのは、心が通じていたからだと思います。
最後に「ママの子で良かったよ」って言いたかったのかもしれないね。
いつかお会いした時には、もっともっと息子談義しましょうね。

我が家でもむぐがいなくなってしまってから、だいが私のストーカーを受け継いだみたいで、いつも私に付いて歩くようになっちゃいました。

むぐのこの写真、私も大好きなんですよ!
この記事へコメントする















chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全タイトルを表示