さよなら りゅんちゃん -- chieppiの☆よもやまばなし☆
FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

りゅんが天国へ旅立ちました。

りゅん

4月に悪性リンパ腫と診断され、余命1カ月を宣告されてから、4カ月以上頑張りましたが、2017年9月10日 (日) 午前1時40分、永眠しました。

りゅん

悪性リンパ腫と診断された時、出来る限りの治療を受けさせたいからと、獣医さんに伝えましたが、治療を受ける前に、きちんと話がしたいという事で、治療の詳細などを説明に、獣医さんが我が家に来てくれました。

りゅん

そこで抗ガン剤治療の仕方や、副作用等のリスク、治療中は病院にお預けになる事、りゅんの場合はたとえ治療が上手く進んだとしても、余命がひと月ほど伸びるだけで、長生きは出来ないという事、そして抗ガン剤治療だけが治療ではなく、緩和治療と言うのもある事・・・

その他、治療に関する事を、事細かく説明してくれて、その上でどうするか決めて欲しいと言われました。

それから娘達とも相談し、迷いに迷って、緩和治療を選択しました。

最後まで抗ガン剤治療にこだわっていたmugudaiパパも、最後には私の選択を受け入れてくれて、病気との戦いが始まりました。

治療を始めてから、一週間ほどで、皮膚の状態が良くなり、あちこちに出来ていた腫瘍も消えてきて、どんどんきれいになっていき、そのうちすっかりなくなりました。

りゅんは食事もお散歩も、普段通りして、それまでと変わらず、毎日元気に過ごしていて 「もしかしたら誤診なのでは? 」と、思うほど体調も良く、りゅんも私も穏やかで幸せな日々を過ごしていました。

ところが元々ドライフードがあまり好きではなかったのですが、だんだんドライフードを食べなくなって、おやつや好きなものばかり欲しがるので、手作り食を作ったら、ペロリと平らげました。

でも食べた後吐いてしまい、病院に行きました。

診察の結果、特に異常は見られなかったのですが、、相変わらずおやつや好きなものばかり食べていて、ドライフードを全く食べなくなってしまいました。

でも元気もあるし、相変わらず来訪者にはワンコラワンコラ吠えまくり、その後も普段通り生活していました。

それからしばらくして、鼻がつまって息がちょっと苦しそうなので、また病院に行きました。

この時も特に異常は見られず、鼻の詰まりを取ってもらい、点鼻薬を頂いてきました。

それからも9月5日(火)まではソファーから飛び降りたりして、普通に過ごしていましたが、6日(水) の朝、いきなり歩くのもおぼつかない状態になってしまいました。

すぐに病院に連れて行こうと思いましたが、この日はデイが休みでmugudaiパパが家にいたため、外出する事ができないので、思い切って往診をお願いしました。

診察した結果、かなり悪い状態という事で、病院に連れて行き、血液検査やレントゲン、エコー検査などをしたら、肝臓の数値がかなり高く、腫瘍も出来ていて、他にも悪いところがあって、点滴などの治療をしているけど、そのまま病院にお預けになると、もしかしたら病院で亡くなってしまうかも知れないと、言われました。

りゅんにとっては、家で家族といる方が安心するのではというので、夜に家に送ってもらいました。

次の日は病院が休みでなので、家で様子を見ていましたが、りゅんは時々場所を移動して寝ていました。

金曜日にも往診に来てくれて、家で点滴などの治療をしてくれました。

りゅんはハアハアと荒い息をしていて、とても苦しそうでした。

その息遣いが、むぐの最後の時と同じようで、もしかしたら・・・と思いましたが、なんとかこの日は頑張ってくれて、土曜日の朝、私が病院に連れて行きました。

病院でまた点滴などの治療を受け、家で様子を見ていました。

りゅんの息遣いが苦しそうで、可哀想で可哀想で、でもどうしてあげる事も出来なくて、見ているのがとても辛かったです。

りゅんの身体をさすって、りゅんちゃん、頑張ってね。頑張ってね と言いながら、心の中では「 もういいよ。そんなに頑張らなくっても」 と、そんな気持ちもありました。

夜も りゅんの息遣いに耳をそば立てていましたが、その息遣いがすっと静かになり、慌ててりゅんの身体に触ってみると、もう息をしていませんでした。

りゅんの身体はまだ温かく、私はその身体をさすりながら、声を出して泣きました。

9月10日(日) 午前1時40分

りゅんは息を引き取りました。

もっともっと長生きして、もっともっと一緒にいたかったのに・・・

悲しくて、悔しくて、辛くて・・・

むぐが旅立った時は、だいがいてくれたし、だいの時はりゅんがいてくれたから、なんとか乗り越えられたけど、今度は誰もいません。

どうやってこの悲しみを、乗り越えればいいのか分かりません。

でもりゅんとはいろんな所に出かけ、いろんな体験をして、思い出がいっぱいです。

思い出は私の宝です。

その思い出を大切にし、何とか悲しみを乗り越えていこうと思っています。

りゅん

りゅんちゃん、大好きだよ。

りゅんちゃん、ありがとね。

さよなら りゅんちゃん










スポンサーサイト

chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全タイトルを表示