突然の別れ・・・ -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

2014年2月16日未明

だいがむぐの元へ、旅立ちました。

だい

昨年暮れ頃までは、りゅんをグイグイ引っ張りながら、元気にお散歩していたのに、今年に入ってから、急に足腰が弱くなり、二頭引きでのお散歩は困難になったものの、それでも15日(土)の夜までは、いつもと変わらず元気にしていましたが、次の日の朝、目を覚ます事はありませんでした。

14日の夜に、血尿が出て、何度もオシッコに行くので、たぶんまた膀胱炎が再発したのかと思っていました。

病院に連れて行こうと思いましたが、翌日は大雪でどこにも行く事が出来なかったので、その次の日にタクシーで病院に行こうと思っていたのに、その日の朝はもう息をしていませんでした。

あまりにも突然の事で、何が何だかわからなくなりました。

朝起きた時には、まだ身体が温かかったので、明け方逝ってしまったようです。

苦しそうな様子もなく、静かにスーッと息を引き取ったみたいです。

だいは空気を読む子なので、きっと私がmugudaiパパの事などで、大変だから、これ以上私に負担かけないように、そっとむぐの元へ旅立って行ったのだと思います。

だい

四歳の時に、脊髄梗塞と言う病気で、虹の橋を渡りそうになったけど、それを乗り越え、元気に走り回っていたので、むぐを越えるくらい、長生きしてくれると信じていたのに…

私の宝だった、だい

だい

だいはむぐ以上に存在感があって、いつも元気で良く動く子でした。

ボール遊びが大好きで、甘えん坊で威張りん坊で、臆病で弱虫で、それでいてしっかり男の子している子でした。

だい

今はまだ、何も考えられません。

だいとは初めて一緒に、電車でお出掛けしたり、本当にいろいろな所にお出掛けし、思い出はむぐ以上に、たくさんあります。

だい
(最後のお出掛け)2014/01/24

何をしても、とにかく可愛くて、可愛くて、愛おしくて、愛おしくて、いつも抱っこしては「だいちゃん、可愛いねっ!なんでこんなに可愛いの?」って、何度も何度も言っていました。

そんなだいが、いなくなってしまうなんて・・・

悲しくて苦しくて、辛いです。

でも虹の橋の向こうには、むぐが待っていてくれると思うし、きっとだいを助けてくれると思います。

大好きな、だい

お母さんの命だった、だい

お出掛けが大好きだった、だい

幸せをいっぱい届けてくれて、ありがとう!

笑顔をいっぱい届けてくれて、ありがとう!

元気をくれて、ありがとう!

思い出をいっぱい、ありがとう!

これからはむぐと一緒に、お母さん達を見守っていてね。

ずっとずっと、愛しているよ。

ずっとずっと、忘れないよ。

だい 14歳8ヶ月4日の犬生でした。

今までだいの事を可愛がってくださって、本当にありがとうございました。

今はまだ、すぐに涙が溢れてしまいますが、少しずつ笑顔を取り戻せるように、頑張って生きていこうと思っています。

これからも、よろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全タイトルを表示