退院 -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

11月1日にmugudaiパパが退院してから、あっと言う間に二週間が経ちました。

退院と言っても、mugudaiパパの場合、片麻痺が残っているし、介護度3と言う状態なので、退院して来てからの方が、家族にとっては負担が増え大変になりました。

退院当日は、玄関から家に入るのも大変で、こんな状態でこの先やっていかれるのかと、とても不安で落ち込みましたが、何度かトイレに行ったりしている間に、介助する方もされる方も、だんだん慣れてきて、だいぶ楽に出来るようになりました。

門から玄関までのアプローチの段差をなくしたり、トイレやお風呂に介助バーを取り付けるなどの改修工事をする事になっているけど、介護保険を利用するには、退院して来てからその改修工事が本当に必要かどうか、市の担当職員とケアマネージャーさんが見に来てからでないと、工事を始められない事になっているので、一番大変な時期に、なんの改修工事も出来ていない状態です。

こう言う事もそうですが、今回mugudaiパパが病気になって、いろいろな面で国の医療政策には、矛盾や不備が多い事を知りました。

たとえば脳梗塞の場合、発症から二ヶ月以内なら、リハビリ病院のリハビリ病棟への転院が可能ですが、発症から二ヶ月を過ぎてしまうと、リハビリ病棟への転院は出来ません。

でもmugudaiパパのように重症の脳梗塞患者の場合、二ヶ月以内の転院は到底無理です。

そう言う場合は、リハビリ病院の長期療養病棟の方へ、転院させてもらい、ついでにリハビリもやってもらえるようにします。

mugudaiパパも最初はそう言う形で、長期療養病棟へ転院するつもりでしたが、脳の手術をしていると言う事で、術後の廃用症候群と言う病名で、かろうじてリハビリ病棟へ転院する事が出来ました。

ただし発症から二ヶ月以内での転院なら、リハビリ病院にその後五ヶ月間は入院して、リハビリを続けられますが、廃用症候群の場合は、三ヶ月間しか入院する事が出来ません。

その他にもいろいろ難しい決まりがあって、すんなりリハビリ病院に転院出来るのは、ラッキーって事のようで、どこにも行き場のないリハビリ難民と呼ばれる患者さんも、たくさんいるそうです。

要するに、知れば知るほど、この国の医療制度は、弱い者いじめとしか思えません。

退院当日は、mugudaパパもさすがに疲れたのか、ほとんど寝てばかりいましたが、日が経つにつれて少しずつ起きている時間が長くなり、だんだん普通の生活に戻りつつあります。

この間は次女がmugudaiパパを車で連れ出してくれて、家電量販店やスーパーに買い物に行ったり、一昨日は私と病院にも行きました。

パパが退院したよ!

さて我が家の2わんですが、mugudaiパパが帰って来て、大喜びしましたが、今はまだmugudaiパパは杖歩行なので、りゅんが大喜びして飛びついたり、だいが足元にまとわりついたりしないように「いけない!」「ダメッ!」「どいて!」なんて、大声で叱らなければならないから、ちょっとかわいそうです。

特にりゅんはハチャメチャなので、mugudaiパパがどう言う状態か全く分かってないみたいで、ピョンピョン飛びついて喜ぶから、ハラハラさせられます。

退院後の生活は思っていたよりは楽とは言っても、やっぱり大変は大変です。

これから先も、まだまだ道程は厳しいし、長いです。

でも家族みんなで協力し、お互いを労わり合って、なんとか頑張っていこうと思っています。

今回の事では、娘達にずいぶん助けられました。

特に次女には、感謝してもしきれないくらいです。

長女には感謝状を、次女には大感謝状を贈りたいです。



スポンサーサイト

【ぱぱさん帰ってきてよかったね。】
だいちゃん、りゅんちゃん、ぱぱに飛びつきたいのに残念ですね。
きっとパパさんもとびついてくれて嬉しいでしょうに。

うちはこのところ出張で留守が多かったので、なんだか怒ってるみたいです。久しぶりに会ったのに、きつい跳び蹴りされました。

ちょうど日本に帰ってきてる時期にあたりました?というか白犬祭りに合わせて日本に帰ってきました。
白犬さん祭りに行ってきた様子をぼちぼちブログにアップしますので、よかったら見てくださいな。

だいちゃん、りゅんちゃん、suzurinさんにぜひ会えたらいいなぁと思っていたので、今年は残念でしたが、来年、ぜひ行きたいと思いますので、楽しみにしてますね。
【】
Mugudaiパパさん、ご退院おめでとうございます。
まだしばらく、お家での生活ペースがつかめないので、たいへんだと思いますが、どうぞ無理のないように、リハビリがんばってくださいね。寒くなってまいりましやので、くれぐれもご自愛くださいませ。
りゅんくん、だいちゃん、お父さんが帰ってこられて、うれしいね。彼らのパワーがきっとパパさんに届きますね。
chieppiさんもお体大切に。
来年は、きっと前進の1年になりますよ。
【追伸】
もちろんmugudaiパパにも牛鬼さんの?Chieppiさんにもです!
【スノーパパさんへ】
ありがとうございます。
一時はどうなる事かと思いましたが、なんとか杖歩行までに回復し、家に帰って来られ、本当に嬉しく思っています。

本当はだいにもりゅんにも、大喜びしてmugudaiパパに甘えて欲しいのですが、まだmugudaiパパの歩行が不安定なので、足元にまといついたり飛びついたりすると危ないので、ついつい大声で規制しなくてはならず、ちょっとかわいそうです。
でも家にいるってだけでも、いいのではないかなあと思っています。

相模湖、行かれたんですね。
我が家は今年はパスしちゃったので、お会いできなくて残念です。
来年はぜひお会いしたいです。
300頭以上の白犬さんが大集合で、きっと大興奮だったでしょうね。
やっぱり白犬さんて、最高ですよね!
あとで白犬祭りの様子、覗きに行きますね。

【クラママさんへ】
ありがとうございます。
何とか無事に、退院する事ができ、ホッとしています。
退院からすでに半月以上が経ってしまったけど、それほど困るような事もなく、普段とほとんど変わらない生活がおくれています。

mugudaiパパは、日に日に歩行もしっかりしてきて、介助の負担もそれほどありません。

これから先も、まだまだ大変だとは思いますが、私も次女も楽天的な性格なので、あまり苦労と思わずにやっています。

今年の白犬祭りには行かれなかったので、クラママさんやクララちゃんにお会いできなくて、残念です。
来年はぜひお会いしたいです。

いつも応援、ありがとうございます。
この記事へコメントする















11月1日にmugudaiパパが退院してから、あっと言う間に二週間が経ちました。退院と言っても、mugudaiパパの ...

chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全タイトルを表示