次から次へ・・・ -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

8月29日にmugudaiパパが痙攣を起こし、寿命の縮む思いをした私

それからしばらくは何事もなく、落ち着いた日々を送っていました。

がっ!

二週間ほど前にmugudaiパパが、今度は左膝の靭帯を切ると言うアクシデントにみまわれ、膝の血を注射器で抜いたりしましたが、mugudaiパパの場合、脳梗塞の再発を防ぐ為の薬を飲んでいるから、出血しやすかったり血が止まりにくいと言う事があって、そのままでは靭帯がなかなか治らないので、薬の量を少なくする事になりました。

薬の量を少なくすると言う事は、とうぜん脳梗塞再発のリスクも高くなりますが、靭帯を治さない訳にはいかず、苦渋の選択となりました。

薬の量を少なくしたおかげで、靭帯もずいぶん良くなってきて、膝の腫れもほとんどなくなり、ホッと胸を撫で下ろしました。

がっ!

数日前に、再び痙攣発作を起こしたからと、病院から電話がありました。

でも今回は二度目と言う事で、別の病院に搬送したりと言う事はなく、医師から脳梗塞の後はよくある事で、特に心配はないと言われました。

それでも私の心臓は、バクバク!

心配で心配で、不安で不安で、とても苦しかったです。

次の日病院に行くと、普段はパジャマも着替えて、ベッドに寝っ転がってるって感じなのに、この日はパジャマのままで点滴をされ、胸にはモニターまで着けて、ベッドに横になっていました。

その姿を見たら、完全に病人みたいで、益々不安になりました。

でも看護師さんに、一応大事をとって休んでもらっているけど、点滴もただの水だし、食事もちゃんとしているので、全く心配はないと説明され、少しだけ安心しました。

モニターも私がいる間に外してくれたので、やれやれ一安心って感じだったけど、もうどんだけ私の寿命を縮ませれば気が済むのっ!ヽ( ̄Д ̄〃)ノ

すっかり疲れ果てた、私です。

ほんっとっ! 疲れたよぉ~~~~!!(〃´o`)=3 フゥ



最近、床をベロベロ舐めまくる、だい

mugudaiパパが入院してからは、大好きなボール遊びやぬいぐるみ投げも、全くと言っていいほどやらなくなったし、やっぱりストレスなのかなぁ

お散歩も一回だけになっちゃったので、それもストレスになってるのかもしれません。

mugudaiパパが退院して、気持ちに少し余裕が出来たら、午後のお散歩も再開しようと思っているけど、もうしばらくは我慢してね、だいちゃん!

仲良し

昨日は寒かったのか、だいがりゅんの寝ている籠に、無理やり入って、一緒に寝ていました。


スポンサーサイト

【おはようございます】
色々心配事が重なりますね.....
私も母が入院したので週末には様子を
見に帰ろうと思うのですが
結局自分には何も出来ないので
ヤキモキするのみです。
chieppiさんの心配もこうなると
良くわかります。

ダイちゃんが床をペロペロするのは
ストレスなんですかねぇ?
実はメルもシニアになってからやたらと
床を舐めていました。
nutも今年ぐらいから頻繁に床を
ペロペロします。
ストレスだとしたら可哀想だけど
今のnutは一人っ子だし寝室も今では
同じだし仕事中もお店の片隅に置いて
いるのでそれなのにストレスを溜められたら
飼い主にはなすすべもありません。
だからシニア犬になった所為だと考える事に
しているのですよ。
こんな風に書くとchieppiさんかえって
悲しい?愛犬が年を取ったって思いたくないわよね?
【】
ご心配が続きますね。ご主人様の靱帯が早く完治しますように。そして、リハビリも進んで早く元気でご自宅に戻れますように。
私の母も、脳出血後、よく痙攣をおこしていましたよ。痙攣そのものでは大事に至らずにすんでましたが。見ていると心配になりますよねぇ。
ご主人の身体の中の機能もいろいろ戦っているんでしょう。落ちついて、リハビリだけに専念出来る日が必ずきますよ。
chieppiさんもお疲れがでませんように。

この季節になると、むぐちゃんを思い出します。
きっと天国からパパさんのこと、守ってくれてますよ。
そう思うと、こころ強いよね。だいじょうぶです、パパさん、きっとよくなられますよ。

りゅんくんもだいちゃんも、淋しい思いをすることも多いとおもうけど、がんばって乗り越えてね。おばちゃん、応援してるよ。
【takaさんへ】
本当に次から次へといろいろな事が起きて、気の休まる暇がありません。
今回の事でもう一生分くらいの心配をしちゃったから、これ以上は何事も起こらない事を願っています。

takaさんもお母様が入院されたのですね。
ご心配ですね。
ご回復をお祈りしています。

メルちゃんやnut君は、シニアになってから、床をペロペロするようになったのですね。
確かにnut君の場合は、ストレスって事はなさそうですね。

だいの場合はmugudaiパパが入院してから、舐めるようになったので、ネットで調べたらストレスで舐める事があるって載っていたから、もしかしたらストレスなのかもって思っています。
あんなに大好きだったボール遊びもしなくなっちゃったし・・・
お散歩も朝一回だけになっちゃったので、ストレスが溜まっているのかもしれません。
もう少し気持ちに余裕が出来たら、午後のお散歩も再開してあげたいなあって思っています。
【クラママさんへ】
何度も何度もホッとしては心配し、ホッとしては心配し、その繰り返しで正直疲れ果てました。
もう一生分くらいの心配をしたので、これ以上は何事も起こらないで欲しいと思っています。

今年はむぐの命日に、しみじみむぐを偲んでいる余裕がありませんでした。
でも毎日お庭のむぐに手を合わせ、ずっと大好きだよって呼びかけています。
mugudaiパパの事も、守ってくれるように、毎日祈っています。

だいはけっこう空気を読むので、mugudaiパパが入院してから、あんなに大好きだったボール遊びもしなくなってしまいました。
私も毎日病院に行ってしまうので、寂しいのだと思います。
でももう少しで退院なので、だいにもりゅんにも頑張ってもらおうと思っています。

いつも応援ありがとうございます。
本当に心強いです。
【】
パパさん心配なことが続いていますが、chieppiさんもどうか充分ご自愛くださいね。

だいちゃん、りゅんくんが仲良くねんねしている姿に癒されますね。
【choco-booさんへ】
いつもご心配、ありがとうございます。

本当に”もういい加減にして!”って言いたくなるくらい、次から次へいろんな事が起こって、心配事が絶えません。

精神的にも肉体的にも、そろそろ限界って感じですが、今月末まででmugudaiパパが退院するから、そうしたら少しは落ち着けるかなあって思っています。

ただ退院したら、しばらくは大変だと思うので、手を抜けるところは抜いて、頑張り過ぎずに頑張るつもりです。

本当に2わんの無邪気な寝顔は、最高の癒しです。
この子達を見ていると、頑張る意欲がわいて来ます。
この記事へコメントする















chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全タイトルを表示