ペット -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

以前は1分でも1秒でも長く、寝ていたかった私ですが、最近では歳をとったせいか、朝早く目が覚めて、その後は全然寝られなくなりました。

りゅんがいた時は、mugudaiパパのデイケアのお迎えが来る前に、お散歩を済ませる為には、4時半か5時には起きないとならなかったので、朝早く目が覚めてちょうど良かったけど、りゅんがいなくなってからは、そんなに早く起きる必要はないのに、習慣って言うか老人化って言うか、どうしても早起きしてしまいます。

なので私は、りゅんがいた時と同じように、早朝散歩をしています。

りゅん

今の時期、朝5時頃では、まだ夜が明けていないので、なるべく明るい道を歩くようにしているのですが、全くと言っていいほど、人通りがありません。

薄暗い道を歩いていると、目の悪い私は、いろいろな物を見間違えます。

店先におじさんがへたり込んでいると思ったら、お店の看板だったり、この間は、赤いコートを着た太ったおばさんが突っ立っていると思ったら、ポストでした。

りゅんが一緒の時は、そんなに怖いと思わなかったのに、りゅんがいないとなんだか怖くて、自分の影にドキっとしたり、ついつい早歩きになってしまいます。

おかげでりゅんと一緒だったら1時間以上かかったであろうお散歩コースは、僅か30分ほどで終了です。

りゅん

りゅんは私の事を頼りにしていたと思うけど、私もりゅんの事を頼りにしていたんだと思うと、なおさら愛おしく思いました。

りゅん

りゅんが旅立って、二か月以上経ちました。

もう二ヶ月・・・

まだ二ヶ月・・・

やっぱり寂しいです。







スポンサーサイト

昨日はりゅんの四十九日でした。

四十九日

りゅんとお別れしてから、もうそんなに経ってしまったなんて、なんだか信じられません。

りゅんには最後まで「無駄吠え」で悩まされたけど、りゅんがいなくなってから、デイケアの送迎車が到着しても、気付かない事があって、あの無駄吠えも無駄ではなかったなと、思うようになりました。

それから、我が家では毎朝個別容器に入ったヨーグルトを食べるのですが、私達が食べた後、りゅんが必ず容器を舐めていたから、さっと水で流すだけで、資源ゴミとして出せたけど、今では容器に指を突っ込んで洗わなくてはならなくなりました。

りゅんは「癒し」のお仕事の他にも、いろいろお仕事をしてくれていたんだなと、改めて思いました。

むぐとだいとりゅんと・・・

3わんこで、私達家族を、見守ってくれているのかな

会いたいなあ



昨日、長女夫婦が、りゅんに手を合わせに、来てくれました。

エース

K君の事が大好きで、K君が来ると、大喜びしていたりゅん

エース

おーきいおねーちゃんにも可愛がられ、いつも抱っこされては「りゅんちゃん、可愛いね。可愛いね」と、頬を擦りつけられていたりゅん

犬の扱いに慣れていなかったブレットとも、前回来た時には、一緒に寝ていたりゅん

ちーねーちゃんにも、おーきいおねーちゃん同様、可愛いねの大盤振る舞いされていたりゅん

ずっと私にばっかりくっついていたので、mugudaiパパには「俺とは触れ合いがない!」 って言われてたけど、旅立つちょっと前には、尻尾を振ってmugudai パパの側に行き、ソファーでmugudai パパの足の上に顎乗せして、 mugudai パパに「触れ合い感謝デー開催中!」なんて言われて、喜ばれていたりゅん

みんなにいっぱいいっぱい愛され、可愛がられたりゅん

みんなに幸せをいっぱいいっぱい運んでくれたりゅん

そんなりゅんちゃんに感謝です。

りゅんの具合が悪くなってから、度々来てくれて、私を支えてくれた長女にも感謝です。

食欲のない私に「これなら食べられると思うから」と、栄養補助食のゼリーを買ってくれたK君にも感謝です。

毎日テレビ電話で私を励ましてくれた次女にも感謝です。

りゅんにお別れに来てくれた友人達にも、花籠にメッセージを添えて届けてくれ、最後の最後まで、飼い主に寄り添ってくれた、動物病院のスタッフのみなさんにも感謝です。

本当に本当にありがとう!

今でも哀しみは募るばかりで、まだまだ癒える事はありませんが、少しづつりゅんとの別れを、受け入れていこうと思っています。

そしてりゅんの魂を、だいやむぐの元に、送ってあげようと思います。

りゅん

明日はりゅんの月命日です。



りゅんちゃんがいなくなってから、あっという間に20日が経ちました。

りゅん

私は毎日、りゅんの事ばかり考えています。

朝起きると 「りゅんちゃん、おはよう!お散歩行くよ」

朝食の時には 「りゅんちゃん、ヨーグルト食べる?」

出かける時は 「りゅんちゃん、行ってくるね」

帰ってくると 「りゅんちゃん、ただいま」

夜は 「りゅんちゃん、おやすみ」

いつもいつも、りゅんの事が思い出されて、会いたくて会いたくてたまらなくなります。

いつでも私の傍にいたりゅん・・・

ほんのちょっとの外出でも、帰って来ると、何年ぶりに会ったかのように、毎回大喜びして迎えてくれたりゅん・・・

お散歩で歩きたくなくなると、私にピョンピョン飛びついて、それでもダメだと、私の膝の裏辺りをパクパクして、抱っこのおねだりをしたりゅん・・・

歩くのが嫌いで、お出かけ先の昭和記念公園では、たった50メートルでカートインして、mamiさんと二人で、大笑いした事もあったっけ・・・

いろんな事が思い出されて、胸が痛くなります。

りゅん

おかーさんはもう思い残す事はないから、すぐにでもりゅんちゃんやだいちゃん、むぐちゃんに会いに行きたいけど、そしたらきっと、mugudai パパや大きいおねーちゃん、ちーねーちゃんは、悲しむと思うので、あんまり急いでりゅんちゃん達の所に、行く訳にもいかないけど、必ず会いに行くから、りゅんちゃん、だいちゃん、むぐちゃん、一緒におかーさんの事、待っていてね。






12日( 火 )の夕方

リビングから、虹が見えました。

南東の空に、綺麗に弧を描いていました。

しかも一つじゃなくて、二つの虹が、上下に並んでいました。

ダブルレインボー!

りゅんちゃん、無事に虹の橋に、着いたのかなあ

りゅん

りゅんちゃんは穏やかで、優しいわんこでした。

嫌いなわんこに会って、ガウガウワンワンした事もない訳じゃないけど、それも今までで数回だけ!

飼い主はもちろん、誰にも怒った事がありません。

ウーと言ったり、ガーと言ったりした事も、一度もありません。

唯一困っていたのが、無駄吠え!

インターフォンや来訪者に、吠えるのだけは、どんなに教えても止めさせる事が、できませんでした。

甘えん坊で、抱っこのおねだりばっかりしていたりゅん

だいがいた時は、なんでもだいが優先だったので、遠慮していたみたいだけど、だいがいなくなってからは、完全に私のストーカーになって、いつでも私にくっついていました。

たった3年の一人っ子生活だったけど、目一杯甘えさせて、可愛がってあげられたので、良かったです。

私は寂しくなってしまったけど、向こうにはだいもむぐもいるし、いろんなお友達もいるので、りゅんは寂しくないと思っています。

りゅんがいなくなってから、一週間以上が経ちました。

どんなに悲しんでも、どんなに泣いても、時は止まる事なく過ぎていきます。

そうして私も少しづつりゅんの死を、受け入れていくのでしょう。

悲しい現実です。

今私は、毎日りゅんと歩いた散歩道を、一人で歩いています。

りゅんの思い出を、たどりながら・・・

がっ!

りゅんと一緒だと40分かかっていた散歩道は、私一人だと、20分で歩けちゃうし、30分だった散歩道は、たった12~13分で歩けちゃいます。

りゅん

りゅんちゃんのお手紙チェック、ずいぶん長かったんだなあ

向こうでも、お手紙チェックしているかな・・・

だいちゃんとむぐちゃんも、一緒にねっ!




chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全タイトルを表示