病院&病気&怪我 -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

土曜日にmugudaiパパが、退院しました。

りゅん

二週間の入院でしたが、入院中はほとんど毎日点滴を続けていたので、足の筋肉も弱っていて、入院前のようにちゃんと歩けるか心配しましたが、ほぼ変わりなく歩く事が出来たので、ホッとしました。

今日からまたデイにも行き始め、リハビリも始まるので、無理の無い程度に、頑張って欲しいです。

そしてもうアクシデントで、救急車のお世話になる事のないように、願っています。

mugudaiパパと私とりゅんで、穏やかでのんびりとした日々を、過ごしていけるといいと思っています。

りゅん





スポンサーサイト

mugudaiパパが入院しました。

18日(金)の朝は、いつもと変わらず、元気にデイケアに出かけたのですが、デイで入浴後、寒気がして熱が出てしまったようです。

デイで測った時は、37度8分くらいだった体温が、家に着いてから測ると、40度2分になっていました。

とりあえず家で様子を見る事にしましたが、熱がなかなか下がらず、なんとか二階の寝室までは行けたものの、ベッドから立ち上がる事も、できなくなってしまいました。

しばらくして熱は多少下がったけれど、次の日になっても38度台で、かなり重症です。

寝室が2階なので、私ではmugudaiパパを二階から下ろして、病院に連れて行く事も出来ず、往診をしてくれるお医者さんを探して、10件くらい電話をしましたが、どこも往診はやっていなくて、娘が調べてくれた民間の救急搬送にも電話をしました。

でもこちら方面に来てくれるのがなくて、思案の末救急車を頼みました。

救急搬送だったので、すぐに処置をしてくれたのですが、それでも熱が下がらないから、どこかに炎症を起こしていると言う事で、CTを撮ったり、血液検査をしたりしました。

当直の先生の所見ではどこにも異常は見つからなかったけれど、内科の専門医ではないので、入院して検査をし、専門医に診てもらう事になりました。

そして昨日、mugudaiパパの症状は、蜂窩織炎(ほうかしきえん)=蜂巣炎(ほうそうえん)の可能性が強いと、看護師さんに言われたそうです。

たぶん一週間くらいは入院しなくてはならないと思うけど、昨年11月に痙攣を起こし、救急搬送されたのが、ようやく落ち着いて、それなりの生活が送れるようになってきていたのに、又・・・

2012年4月18日に、脳梗塞で倒れ、その年の11月18日に大腿骨骨折、昨年の12月18日には、次女の所に来たウエスティが、アクシデントでお星様になってしまうし、そして今回も熱が出たのは、18日と、我が家では18という数字に、呪われているみたいです。

お祓いでもしてもらわないと、ダメかもしれないなあ・・・

りゅん

でも今のところ、mugudaiパパは、元気にしています。

りゅん






今年の健康診断で、肝臓の値が高かったりゅん

しばらく薬を飲ませて、再度血液検査をしましたが、結果は変わらず、もしかしたら他の病気かもしれないと言うので、更に詳しい検査をしました。

その結果、甲状腺の数値に異常が見つかり、治療をする事になりました。

治療と言っても、薬を飲ませるだけで、本犬至って元気で食欲も旺盛です。

りゅん

今のところ、そんなに深刻な状態ではないみたいなので、早く良くなってほしいです。

りゅん



我が家のバラ、いよいよ見頃!

バラ

バラ

新雪&羽衣

羽衣

サハラ’98

バレリーナ

シティオブヨーク

アンジェラ

春風&スペクター

ピエールドゥロンサール

ドリームウィーバー

早咲きのバラは、どんどん散っているけど、遅咲きのバラが見頃を迎えるので、もうしばらくは楽しめそうです。



最近、アレルギーが酷くなったりゅん

カイカイやペロペロが激しいので、アレルギー検査を受けました。

アレルギー検査

一番アレルギー反応が強いのが肉類と言う事で、何の肉か特定するために、更に詳細な検査をしました。

その結果、アレルギー反応があったのは、牛肉!

豚肉は±で、弱反応、一番安全なのが、鶏肉でした。

現在もアレルギーに良いと言う、特別なフードを食べさせているけど、その中でも鶏肉中心のフードに、切り替えようと思っています。

りゅん

そして年に一度の健康診断のための、血液検査も受けました。

健康診断

今までは特に異常はなかったけど、今回は肝臓の数値が高く、薬を飲ませてしばらくしてから、もう一度血液検査を受ける事になりました。

そして今月は、狂犬病の予防注射とフィラリア血液検査&フィラリア予防薬・・・

と、なんだかんだと出費がかさみ、年金生活者にはキビシー出費の春!┐(´~`;)┌

りゅん

でもりゅんの為なら、食費を切り詰めても、出来るだけの事はしてあげたいと、思っています。

今日から我が家の食卓は、一品料理かな?ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ




自分では、まだまだ"若いっ!"と思っていた私

周りの人達にも"若いっ!"と言われ、その気になっていましたが、見かけとは裏腹に、身体は確実に老化の一途を辿っています。

二年ほど前に左手が震えるようになり、その年の8月に神経内科で診察を受けたら、本態性振戦と診断され、今年の初め頃、掃除中にしゃがんだ時に、植木の棒を目に突き刺し、眼科に行ったら、それ自体は大した事はなかったのですが、白内障と診断され、9月に手術を受けました。

そして今回、次女がオーストラリアに発つ前日に、三人で食事に出掛けた帰り、右足の膝の内側が痛くなり、右足をつく度に、拷問のような痛みに襲われ、10分ほどの距離をやっとの事で歩いて、家に帰って来ました。

次の日病院に行ってレントゲンを撮ったら、変形性膝関節症と診断されました。

左の膝は40代から50代なのに、右膝はナント70代と言われました。

治療を受けて、注射をしてもらったり、湿布や飲み薬で、拷問のような痛みからは解放されましたが、今もまだ通院中です。

本態性震戦も、白内障も、変形性膝関節症も、高齢者に多いと言われる病気

私の身体は、完全に、老化街道まっしぐらです。

だい&りゅん

そして我が家の問題児、りゅん

こちらは、相変わらず大馬鹿街道まっしぐら!

最近では、だいがご飯を食べている時に、ちょっと器から顔をあげると、その隙にだいの器に首をつっこんで、だいのご飯を食べてしまったり、おねだりも激しく、立ち上がってテーブルに手を掛け、お皿を舐めてしまったり、お行儀もどんどん悪くなっています。

だい&りゅん

来訪者にはワンワン吠えまくり、誰にでもピョンピョン飛びついて、口をパクパクするので、来訪者がある時は、別室に閉じ込めておかなければなりません。

週にデイケアの送迎が三日、訪問リハビリが二日

一週間に五日は、狂ったように吠えまくるので、ほとほと疲れ果てています。

お散歩でも気に入らないわんこに会うと、ワンワン吠えかかるし、チッコの失敗も多くなったし、お爪切りも極端に嫌がるようになり、大暴れして(噛み付く事はないけど)激しく抵抗します。

だい&りゅん

この他にも、まだまだりゅんの馬鹿化は、数えきれません。

完全に、お手上げ状態です。

私は老化、りゅんは馬鹿化・・・

いったい我が家は、どうなっちゃうのでしょうか┐(´~`;)┌





chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全タイトルを表示