病院&病気&怪我 -- chieppiの☆よもやまばなし☆
2018 / 07
≪ 2018 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2018 / 08 ≫

2月28日(水)に、ようやくmugudaiパパが、帰って来ました。

がっ!

入院前のようには立ち上がりも歩行も出来なくて、今までのように見守りだけという訳にはいかず、介助するのがとても大変です。

なにしろチビの私が、体格の良いmugudaiパパを介助しなくてはならないので、車椅子を押すだけでも一苦労なのに、立ち上がりや歩行の介助は、本当に大変です。

mugudaiパパが脳梗塞で倒れてから約6年・・・

ようやくここまで来たと思ったら、又振り出しに戻ってしまった感じです。

私の6年はなんだったのでしょう。

前のように見守りだけになるのには、あとどのくらいかかるのか・・・😔

神様が本当にいるなら「もうこれ以上私をいじめないでっ!」って、言いたいです。

ハチ

リモートハチ君に、mugudaiパパも癒されています。

やっぱりウエスは可愛いです。


スポンサーサイト

21日(水)にmugudaiパパが、お世話になっているデイサービスで、イチゴ狩りに行って来ました。

普段はあまり果物を食べないmugudaiパパですが、とっても美味しいイチゴだったらしく、40個も食べたんだって!?

私にもお土産を買ってきてくれたので、私も食べてみたけど、本当に甘くてメッチャ美味しかったです。

mugudaiパパは、退院当初よりは、だいぶスムーズに動けるようになりましたが、まだ家に帰れる状態ではないので、もうしばらくは離れ離れの生活です。

沈丁花の蕾も膨らんできたけど、我が家の春はまだ先のようです。

さて大型犬に襲われ、大怪我をしたハチくんはと言うと、あんなに怖い思いをしたので、わんこに対してトラウマになるかと心配したけど、そう言う事もなく、前とほとんど変わらないみたいです。

ハチ

ハチくん、大物だぁ〜!

ハチ

抜糸も完了し、かさぶたも剥がれてきて、毛も生えてきたので、見た目もずいぶん元気になりました。

ハチ

逃げてしまった大型犬の飼い主を探すのに、ビラを作って配ったりもしているみたいだけど、連絡先も告げずに逃げてしまったような飼い主なので、しばらくは近所の散歩を避けているのか、まだ見つからないようです。



今日、mugudaiパパが退院しました。

がっ!

インフルエンザでずっと高熱が続き、ベッドに寝たきりだったので、心肺機能や筋力、体力も落ちて、ほとんど歩けなくなってしまいました。

こんな状態では、家に戻ってもどうにもできないから、もう少し入院してリハビリをしてほしいとお願いしましたが、もう熱もないし、他に悪いところもないので、延長出来ないと言われました。

でも家に帰っても、現実問題として生活できないので、デイサービスでしばらくショートステイをお願いする事になりました。

昨年蜂窩織炎で入院した時と、入院期間も変わらないのに、蜂窩織炎の時には、すぐに歩けたから、そのまま家に戻れたけど、今回はどうしたのか、入院前とは全く変わってしまいました。

mugudaiパパも、早く家に帰りたいので、頑張ってくれるとは思うけど、まさかこんな最悪の状況になるとは、思ってもいませんでした。

本当に我が家ばっかり、どうしてこんなにも悪い事ばかりが続くのでしょう。

辛すぎてもう疲れました。

りゅんちゃんに会いたいなあ・・・

りゅん





mugudaiパパが、また入院しました。

・・・と言うより、入院させてもらいました。

4日の夜中(5日の早朝)トイレから戻る時に、mugudaiパパが転倒し、お尻を打ちました。

それ自体はそんなに大した事がなかったのですが、私の介助だけではなかなか立ち上がれず、結局座ったままズリズリと引きずって、やっとの事でベッドに戻りました。

その時相当体力を使ったためか、その後歩くのもおぼつかなくなってしまいました。

それでも5日の朝は、デイに行けば車椅子でもトイレに行かれるからと、何とか頑張って、いつも通りにデイに出かけて行ったのですが、10時頃にデイから電話があって、熱が38度5分もあるので、家に送りますと言われました。

送って来てくれた職員の方が手伝ってくれて、家に入れてくれたけれど、こんな状態では、私一人ではどうにもならないから、すぐにタクシーを呼んで、そのまま病院に行く事にしました。

職員の方が介助してタクシーに乗せてくれて、病院に行き、診察を受けましたが、熱の原因が分からないからと、インフルエンザの検査や血液検査、レントゲンやCTなどの検査をしましたが、インフルエンザでもないし、その他の検査でも特に悪いところはないとの事でした。

でもそのまま帰されても、私一人では介助しきれないので、入院させてもらえないか聞いてみたけど、病院は治療の為なら入院する事ができるけど、介護の為の入院はできないと言われました。

それでも本当に困って相談してみたら、とりあえず点滴をして、様子を見る事になりました。

点滴をしている間も、どうしようと不安な気持ちでいっぱいでした。

そしたら先生が相談員に話をしてくれて、最終的に地域包括ケア病棟に、入院させてもらえる事になりました。

ただし一人部屋の特別室しか空いていないので、それでもいいかと言われましたが、背に腹は変えられないので、入院させてもらう事にしました。

まだ熱が下がらないし、原因も分かっていないので、不安はありますが、とにかく入院させてもらえたので、ホッとしています。

今考えると、夜中に転倒した時点で、すでに熱があったのではないかと思いますが、その時は私はもちろん、mugudaiパパ本人も、熱に対する自覚が悪くなっているのか、全くわかりませんでした。

今年こそ平穏無事に過ごせればと思っていたけど、結局またこんな事になってしまい「我が家ばっかりなんでっ!」と言う気持ちでいっぱいです。

今日はmugudaiパパと私の、結婚記念日です。

りゅんちゃんもいないし、ひとりぼっちの寂しい結婚記念日になってしまいました。

大型犬に噛まれたハチは、昨日ようやく退院しました。

ハチ

でも頭や首回りに何ヶ所も噛まれた跡があって、縫った跡の傷が痛々しいです。

ハチ

こんなに咬まれて良く助かったと、ハチの頑張りを誉めてあげたいです。





10月18日から入院していた母が、11月6日に退院しました。

父が亡くなってから、ずっと一人暮らしを続けてきた母ですが、退院後は兄と甥っ子と、一緒に暮らしています。

とりあえず普通の生活はできますが、それでも高齢なので、兄達が一緒にいてくれて良かったです。

来月には95歳になる母

一日でも長く、元気に過ごしてほしいです。




昨日は可愛いエースが来てくれました。

エース

シドニーのハチとは、ほとんど毎日、テレビ電話でご対面しているけど、さすがに触る事はできないので、昨日はエースをなでなでしたり、膝に乗せたりして、とっても癒されました。

やっぱりわんこの感触、最高でした!

エース君、ありがとね!

またお母さんを癒しに来てね。



chieppi

Author:chieppi
わんことお花が大好きな
お気楽専業主婦

むぐ
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
1990年6月10日生 ♂
(2006年10月1日 お星様になりました)

だい
ヨークシャーテリア
(ヨーキー)
1999年6月12日生 ♂
(2014年2月16日 お星様になりました)

りゅん
ウエストハイランドホワイトテリア
(ウエスティ)
2006年8月5日生 ♂
(2017年9月10日 お星さまになりました)

むぐ&だいのホームページに遊びに来てね♪


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全タイトルを表示